番組配信!『第十回:パープル・ファミリーから聴くHR(ハードロック)の真髄・前編』 ~往年のファンには懐かしく・これからのファンには必需品~



本日7月23日は番組配信日!!
ロック向上委員会.com10回目の記念すべき今回は、いよいよHR(ハードロック)回です!!(๑>◡<๑)

しかも、ロックの真髄をまざまざと見せつける、メジャーロックの最高峰「Deep Purple」特集です!!
(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ★

世間の高校は夏休み!ということでロック向上委員会のある高校でも夏休みです!!(←もう忘れているかもしれませんが高校生という体なのです…)今回のロッ向は夏期講習ということで、謎のプチ企画も…

ぜひご覧ください!!!


『第十回:パープル・ファミリーから聴くHR(ハードロック)の真髄・前編』
~往年のファンには懐かしく・これからのファンには必需品~

ロック向上委員会ドットコム、10回目にして初となる“ハード・ロック”をテーマにお届けします。それも“メジャーなハード・ロック”に焦点を当てようということで、ここは一発『パープル・ファミリー』でいってみようかと。キッズから大人までをも狂喜乱舞させたDeep Purple。子供でも入りやすかったDeep Purple。往年のファンは輝かしいあの頃を懐かしみ、これから聴こうというリスナーにとっては必需品となるDeep Purple。「ハード・ロックって、やっぱカッコイイなぁ」…パープル・ファミリーを聴いて、暑い夏をぶっ飛ばそう!!いつもと変わらず無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。


番組アーカイブはオフィシャルページから↓↓↓

Youtubeの番組動画はこちらから↓↓↓






番組内紹介楽曲

1 : Deep Purple / Hush (Shades Of Deep Purple : 1968)
 
DP第一期1st作。初代Vo:Rod Evansの英国然としたジェントルマンな歌と、Jon Lordのクラシカルなオルガンがベストと言える相性で成り立っている、美しくもハードでサイケ・ロックな名作。



2 : Deep Purple / Speed King (In Rock : 1970)
 
DP第二期オリジナル第一弾。HRの先陣を切ったバンドは既に居たが「これぞHR」という概念を生み出した最初のアルバムはこれではないだろうか。クラシカルな要素を残しつつ、一気にHRへと加速していったそのバランスが絶妙な絶対的名盤。



3 : Deep Purple / Highway Star (Machine Head : 1972)
 
DP第二期オリジナル3rd作。HR史上、最も知名度の高いナンバーが収められた世紀の大名盤。曲の展開、グル―ヴ、曲想の広げ方、そして何よりもハードさを失わないままキャッチーに仕上げる事に成功した類稀な作品である。



4 : Gillan / Mr Universe (Mr Universe : 1979)
 
Gillanの2nd/世界デビュー作。シンプルで疾走感溢れる徹頭徹尾なHRサウンドがとても気持ち良く、英国HRの見本のような音を聴かせてくれる良作。NWOBHM旋風が吹き荒れる中、Gillanも全盛期を迎えている。



5 : Deep Purple / Lady Luck (Come Taste The Band : 1975)
 
DP第四期の1st/ラスト作。Ritchie Blackmoreの脱退によりTommy Bolinが加入。前作から引き継がれたファンキー路線がさらに色濃くなったアルバムだ。セールスとしてはこれまでより落ちるが、現在では名盤の呼び声が高い。



6: Rainbow / Tarot Woman (Rising : 1976)
 
Ritchie Blackmore’s RainbowからRainbowと名前を変えての初作品。Rainbow三頭時代の始まりでもあり、その緊張感とパワーが凄まじい。大作志向の2曲を始め、ファンタジー且つHR様式美な世界観が炸裂した名盤だ。







番組オフィシャルページはこちらから
ロック向上委員会ドットコム







このブログの人気の投稿

番組配信!!「第八回:プログレッシブ・ロックへの入口・前編」

明日月曜日はバグースロック塾in東京 & 来週日曜の配信予定はなんと・・・