投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

番組配信!!『第十四回:Guitarより我を活かす道はなし/Jeff Beck 前編』 ~ここで軌跡を統括すベック~

イメージ
みなさんこんにちは!!
24日日曜日は番組配信日!!
ということで、今回のテーマはこちら・・・


『第十四回:Guitarより我を活かす道はなし/Jeff Beck 前編』 ~ここで軌跡を統括すベック~
です!!!
みんな大好きジェフベック特集の前編です!!
╭( ・ㅂ・)و ̑̑ ぐッ!
日本でも無類の人気を誇るギタリスト、ジェフベックの偉大なる歴史を見ていきます!!
1stから齢73歳の現在に至るまで、現役で活躍し続けるジェフベックをみんなで堪能していきましょう!


内容・・・
「世界三大ギタリスト」の1人であり、3人の中で最も常軌を逸したセンス/プレイで個性を魅せつけるJeff Beckにフォーカスします。Jimmy PageやEric Claptonと何が違うのか?アイデア、ギターに対する思い入れ(思い込み?)、音楽に対するアプローチ方法、その全てに対して他2人とは違うのです。難しいことはこの際抜きにして、そのサウンドにどっぷり浸かってみましょう。天然でありつつ職人主義の、他とは違う音が聴こえてきます。いつもと変わらず無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。


番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=g-2DML1SUos




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



番組内紹介楽曲
■初のリーダー・バンド:第一期JBG 1: Jeff Beck Group / Shapes Of Things (Truth : 1968)
JBG (第一期)1st作。後のハードロックのお手本の1つと言える作品。ブルースロックからハードロックへの橋渡し的役割を持った重要作であり、他英国ブルースロック勢には無い『格』が作品を覆い尽くしている。


■メンバー総入れ替え:第二期JBG 2: Jeff Beck Group / Situation (Rough And Ready : 1971)
JBG (第二期)1st作。R&B、Funk、Soul、Jazzの要素を詰め込み、それを大音量のロックでまとめあげたような質感の作品。一般的な評価は次作に譲るが、何が来るか分からない緊張…

番組配信!!『第十三回:60年代 ブリティッシュビート・シーン後編』 ~英国の侵略 / ブリティッシュ・インヴェイジョンという現象~

イメージ
もう九月ですね。
月日が経つスピードったら…
ということで、本日は番組配信日です!! 今回のテーマはもちろん!前回に引き続き…

『第十三回:60年代 ブリティッシュビート・シーン後編』 ~英国の侵略 / ブリティッシュ・インヴェイジョンという現象~
です!! ヽ(・ω・。ヽ)イェイ♪(ノ。・ω)ノ イェイ♪(σ。・ω)σ イェイ♪ (ง ´͈౪`͈)ว ⁾⁾ 踊らずにはいられない
前回の濃い〜内容からさらにポピュラー音楽の原点となったブリティッシュビート・シーンを深堀り!英国がアメリカロック業界を席巻したブリティッシュ・インヴェイジョン! ロック向上委員会ドットコム13回目は、前回に引き続き『ブリティッシュビート/ブリティッシュ・インヴェイジョン』と呼ばれ音楽界を席巻したバンド達を聴いていきます。現在のポピュラー音楽の原点ですから、しっかりと覚えていきましょう。後半となる今回は、元祖ガレージ系からスタート。ブリティッシュビート三大バンドの1つ:The WhoやThe Kinks等有名どころもたっぷり。いつもと変わらず無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。


番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=-UA9DdWrqRk




***************************************




番組内紹介楽曲

元祖ガレージ代表
1: The Pretty Things / Come See Me (Single : 1966)

The RSと縁の深いメンバー:Dick Taylor率いる元祖ガレージ系代表バンド。暴力的でラウドなR&Bの完成形と言える内容に仕上がっている。ロックの本質の1つである初期衝動を正に感じることの出来る名演だ。



2: The Birds / You're On My Mind (Single : 1964)

The RSのメンバー:Ron Woodが率いたバンド。バーズのみでは他バンドと間違えられてしまう為「UKバーズ」とも呼ばれている。ロンドン・シーンの中でも最もダイナミックと称されたサウンドは、The Whoをも凌ぐ勢いである。



ブリティッシュビート代…