新年一発目!番組配信!!『第21回:古今東西The Beatlesライクなバンド合戦 前編』~ザ・ビートルズ以外を聴いてみるヤァ!ヤァ!ヤァ!~



みなさんあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。m(_ _*)m


ということで、今年も頑張ってロックを聴いていきましょう!!
(๑•̀ㅂ•́)و


記念すべき一発目の配信は・・・ザザンっ


『第21回:古今東西The Beatlesライクなバンド合戦 前編』
~ザ・ビートルズ以外を聴いてみるヤァ!ヤァ!ヤァ!~


です!!!


ビートルズ特集!!!っと思いきや、そんなベタな特集をロッ向が真っ向からやるわけないですよね。笑 タイトルから受ける印象とは違い、かなりマニアックな選曲内容になっています!ですが、一聴の価値ありの楽曲ぞろいです。ぜひ聴いてみてくださいね!!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




番組内容

『第21回:古今東西The Beatlesライクなバンド合戦 前編』
~ザ・ビートルズ以外を聴いてみるヤァ!ヤァ!ヤァ!~

ロック向上委員会ドットコム21回目は、2018年初という記念すべき回。こういう時は誰もが知ってるThe Beatlesでも…と言いたいところですが、ロック向上委員会ドットコムらしく『The Beatlesのフォロワー達』を集めてみました。有名バンドからマニアックなバンドまで幅広くお届けします。The Beatlesが大好きという方、フォロワー達も一緒に愛していきましょう。いつもと変わらず無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。


番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=GR4PsFV-w90





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




番組内紹介楽曲


■The Beatles解散前
1: The Move / Cherry Blossom Clinic (Move : 1968)

Roy Wood率いるThe Moveの1st作。英国サイケ・ポップの金字塔と言われており、クオリティの高い3分間ミュージックが堪能出来る。Phil Spectorと中期のThe Beatlesからの影響をゴチャ混ぜにした雰囲気が堪らない。


■The Beatles周辺者関連作
2: Bad Finger / No Matter What (No Dice : 1970)

Bad Fingerの2nd作。アップルの箱入り/The Beatlesの弟分という肩書が無くても、世界に通用するバンドだと知らしめた重要作。現在に続く有名曲:Without Youが収録された作品として、今でも愛されている名盤である。


3: Stackridge / Fundamentally Yours (The Man In The Bowler Hat : 1974)

ポスト・ビートルズとして名を馳せたStackridgeの3rd作。「田舎のビートルズ」とも呼ばれ、ファンから愛されたバンドだ。この作品は、George Martinがプロデュースした事でも有名なアルバムである。


4: The Aerovons / World Of You (Resurrection : 1969)

Abbey Road Studiosでアルバムを制作しつつも、長い間お蔵入りとなっていた米バンド:The Aerovonsの作品(シングルは2枚リリース)。Alan ParsonsやGeoff Emerickらが関与し、ハイレベルな作品に仕上がった隠れた名盤。


■海を越えてThe Beatles
5: Sleepy Hollow / One Time (Sleepy Hollow : 1972)

The Beatlesへの愛が伝わる、ペンシルバニア出身:Sleepy Hollowの愛すべき作品。Bad Fingerのアメリカ版と言われている名作だ。楽曲のクオリティも秀逸で、ただの物真似バンドには無い凄味が伝わってくるだろう。


6: We All Together / Hey Revolution (We All Together : 1972)

ペルーのThe Beatles/Bad Fingerと呼ばれ、ファンから愛されている南米のバンド。このバンドの特徴は甘いメロディの洪水にあると言え、Paul McCartney/Pete Ham直系の、完成度の高いポップスが堪能出来る。


7: Cheap Trick / Stop This Game (All Shook Up : 1980)

Cheap Trickの6th作。大ヒットした前作:Dream Policeとは一線を画し、ポップさよりもハードなR&R路線を貫いた作風となっている。プロデュースにGeorge Martinを起用し、当時本当にやりたかった事を目指した作品。








スペシャルサンクス
ALLBGM by Seki Show(関将)
http://www.sekishow.jp/

番組オフィシャルHP
http://rockkojo.com/
番組へのメッセージは専用フォームからお願いします。




このブログの人気の投稿

番組配信!『第十回:パープル・ファミリーから聴くHR(ハードロック)の真髄・前編』 ~往年のファンには懐かしく・これからのファンには必需品~

番組配信!!「第八回:プログレッシブ・ロックへの入口・前編」

明日月曜日はバグースロック塾in東京 & 来週日曜の配信予定はなんと・・・