番組配信!!『第二十二回:古今東西The Beatlesライクなバンド合戦 後編』~ザ・ビートルズ以外を聴いてみるヤァ!ヤァ!ヤァ!~




みなさんこんにちわ!(。・ω・)ノ゙
早いもので今年もひと月以上経ちましたね。
時間の流れがおぞましい今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

そんなおぞましさにも負けず、雨ニモマケズ、風ニモマケズ、雪ニモ・・・


さあ、頑張っていきますよ!!
ROCKをLOCKでLOOKしな!!


今回のテーマは前回に引き続き・・・


こちらっ!!ばばん!!


『第22回:古今東西The Beatlesライクなバンド合戦 後編』
~ザ・ビートルズ以外を聴いてみるヤァ!ヤァ!ヤァ!~

です!!
 (*’ェ’*)ノ ォゥィェ
今回も駄話満載でお送りいたします!!!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




番組内容

『第22回:古今東西The Beatlesライクなバンド合戦 後編』
~ザ・ビートルズ以外を聴いてみるヤァ!ヤァ!ヤァ!~

ロック向上委員会ドットコム22回目は、前回に引き続き『The Beatlesのフォロワー達』をご紹介。日本のバンドやインドネシアのバンドも出てきて、目から鱗!となるかも(特にぶんちゃん)。今回も有名バンドからマニアックなバンドまで幅広くお届けします。The Beatlesが大好きという方、フォロワー達も一緒に愛していきましょう。いつもと変わらず無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。



番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=BMUCvPmLT8M





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








番組内紹介楽曲



■アジアの次世代The Beatles
1: BOX / Temptation Girl (BOX POPS : 1988)

日本のThe Beatlesフリーク4人が集まって結成されたバンド/プロジェクト。その4人とは杉真理、松尾 清憲、田上 正和、小室 和之。世界でも稀と言える程のクオリティと愛で、The Beatles的世界を描き出した名作だ。


2: NAIF / Karena Kamu Cuma Satu (Planet Cinta : 2011)

バグースイチオシの、60~70年代のレトロなロックを得意とするインドネシアのバンド:NAIFの6th作。インドネシアでは国民的英雄バンドである。全曲必聴、美メロの洪水と言える秀逸なアルバムだ。


■プログレ関連なThe Beatles
3: Hudson-Ford / I Wanted You (Nickelodeon : 1973)

VELVET OPERA~STRAWBSで活躍したRichard HudsonとJohn Fordのデュオによる1st作。メロディ・メーカーとしての才能とハード・ポップな面のバランスが魅力的で、The Beatles好きなら必聴の1枚。


■The Beatles以降・次世代ブリティッシュの誇り
4: 10cc / Donna (10cc : 1973)

10ccの1st作。50's的アメリカン・ポップスを模範としつつ、初期10ccお得意のユーモアとウィットに飛んだ変態ポップ・ナンバーが目白押しの作品である。The Beatles以降の、英国ロック・シーンの中心的存在だ。


5: Stealers Wheel / Benediction (Right Or Wrong : 1975)

Gerry RaffertyとJoe Eganによるユニットの3rd/ラスト作。1stも2ndも捨て難い作品ではあるが、このアルバムこそ彼らの集大成。後期The BeatlesのGeorge Harrisonを彷彿とさせる最高な楽曲など聴きどころ満載の名盤だ。


6: XTC / Garden Of Earthly Delights (Oranges & Lemons : 1989)

ポップ・ミュージックの可能性をとことんまで追求したバンド:XTCの9th作。この作品は、サイケ且つカラフルなポップに拘り、The Beatlesの影響を上手くブレンドした作品に仕上げている。後期XTCの代表的1枚である。


■最後は直系
7: Julian Lennon / Day After Day (Photograph Smile : 1998)

Johnの第一子:Julianの5th作。父の影を振り払おうと悪戦苦闘してきたようだが、ここでJohn直系の作品をリリース。苦悩の人生が詰まったマイナーな雰囲気、そして父親譲りの声と楽曲は聴き手を切ない世界へと導いてくれる。








スペシャルサンクス
ALLBGM by Seki Show(関将)
http://www.sekishow.jp/

番組オフィシャルHP
http://rockkojo.com/


番組へのメッセージは専用フォームからお願いします。


このブログの人気の投稿

番組配信!『第十回:パープル・ファミリーから聴くHR(ハードロック)の真髄・前編』 ~往年のファンには懐かしく・これからのファンには必需品~

番組配信!!「第八回:プログレッシブ・ロックへの入口・前編」

番組配信!!『第二十三回:英米ブルース・ロックへの入口 前編』 ~避けて通れぬロックの源流~