番組配信!!『第二十四回:英米ブルース・ロックへの入口 後編』 ~避けて通れぬロックの源流~




みなさんこんにちわ〜 (*´ ˘ `*)♪
さあさあさあロック向上委員会ドットコムももう24回目を迎えました!!
前回のブルースロック回の再生数の伸びが他のものよりも良い!!!
みなさんのブルースロック魂も良い!!!!
やっぱり「みんな大好きブルースロック」なんだなあと噛み締めております。


さあああ、ということで今回も前回に引き続きブルースロック特集回ですよ〜!!!!



『第24回:英米ブルース・ロックへの入口 後編』
~避けて通れぬロックの源流~

です!!!!!
今回もまたまたみんな大好きブルース・ロック特集です!!!!

ロッ向がお送りする今回は、前回に引き続きブルース・ロックの源流を紹介していきます。好きな人にはかなりメジャーなバンドばかりなので、きっと楽しめるはずです!!!
ROCKをLOCKでLOOKしな!!
 (*’ェ’*)ノ ォゥィェ

ぜひ、チェックしてみてください!!!!!!





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




番組内容

『第24回:英米ブルース・ロックへの入口 後編』
~避けて通れぬロックの源流~




ロック向上委員会ドットコム24回目も基本中の基本“ブルース・ロック”を特集します。この回では英国三大ブルース・ロック・バンドを始め、ブギー魂炸裂の米バンドをご紹介します。ムーヴメントとしては約3年で終焉したブルース・ロックですが、彼らが居たからこそハード・ロック新時代が誕生しました。そんなことを思いながら、あらためて有名どこを紹介していきます。いつもと変わらず無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。



番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=0nWPDmzgdls





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






番組内紹介楽曲



■英国三大Blues Rock+1を聴く
1: Fleetwood Mac / Black Magic Woman (English Rose : 1968)
Peter GreenとMick Fleetwoodを中心としたバンドの米編集盤/日本1st作。ブルース色が少し薄れ、コンパクトな中で表現する事を得意とするPGの美学が出た作品だ。Bluesバンドという枠から抜け出す予感を感じさせてくれる。


2: Savoy Brown / That Same Feelin’ (Raw Sienna : 1970)
Savoy Brownの5th作。Kim Simmonds、Chris Youldenのコンビによる楽曲、練られたリフ、インストの充実、CYのソウルフルな歌とどれを取っても素晴らしく、派手ではないが英国バンドでしか味わえない”気だるさ”が満載の作品。


3: Chicken Shack / Baby’s Got Me Crying (O.K. Ken? : 1969)
Chicken Shackの2nd作。ブラスがフューチャーされ、落ち着きのあるスロー&ミディアムのブルースを聴かせてくれる。ブルースへの愛とチャレンジ精神に溢れた英ブルース・シーンの鼓動が伝わってくる名盤と言えるだろう。


4: The Climax Chicago Blues Band / Hey Baby Everything’s Gonna Be Alright, Yeh Yeh Yeh (The Climax Blues Band Plays On : 1969)
名前は“シカゴ”だが英国のバンド/2nd作。前作はブルース然としていたが、この作品で突如路線を変え、他とは一線を画す作風に変貌。クラシックを引用した曲やジャズの要素が混ざったミクスチャーな世界となっているのが特徴。


■米国Blues Rockを聴く
5: Canned Heat / On The Road Again (Boogie With Canned Heat : 1968)
ブルース研究家のAlan WilsonとBob Hiteを中心にLAで結成されたバンドの2nd作。彼らが得意とするブギーの魅力満載で、代表曲:On The Road Againは全米16位のヒットを記録。バンドが脂に乗ってきた頃の名盤だ。


6: Canned Heat / So Sad (The World’s In A Tangle) (Future Blues : 1970)
5th作。AWの遺作である。スイング、ラグタイム、チカーノ風ロック等、ますます独自のブルース・ロックを究めた内容となっている。英バンドに見られる生真面目なブルース・ロックとは対極に位置する名盤中の名盤。





スペシャルサンクス
ALLBGM by Seki Show(関将)
http://www.sekishow.jp/

番組オフィシャルHP
http://rockkojo.com/
番組へのメッセージは専用フォームからお願いします。


このブログの人気の投稿

番組配信!『第十回:パープル・ファミリーから聴くHR(ハードロック)の真髄・前編』 ~往年のファンには懐かしく・これからのファンには必需品~

番組配信!!「第八回:プログレッシブ・ロックへの入口・前編」

番組配信!!『第二十三回:英米ブルース・ロックへの入口 前編』 ~避けて通れぬロックの源流~